モーネット・ドットコム 本文へジャンプ
 

語源の探求

 英語を学習する際には、読む、聞く、書く、話すことが重要となります。中でも、外国人として英語を学ぶ場合は、読むことが中心となると思います。読む場合には多くの単語を知っている必要があります。知らない語に出会う度に辞書を引いていたのでは、なかなか先に進むことができません。本を読んでいるのか、辞書を引いているのか分からなくなります。英語を学習している時間の70%~80%は辞書を引いているというのでは、本の内容がなかなか頭に入ってきません。

 そこで、できるだけたくさんの英単語を覚えたいのですが、単語がただ羅列されている単語帳で覚えようとしても、覚えるそばから忘れてしまいます。

 一旦覚えたらなかなか忘れにくい方法はあるでしょうか。よく言われるのが、語源で覚える方法です。語源で覚えると、1つの単語にいろいろのリンクが張られますので、なかなか忘れにくくなります。語源の知識を使うと知らない単語の意味も大体わかります。語源の知識を付けると、辞書なしでもどんどん本を読めるようになります。さあ、これから語源の探検に出かけようではありませんか!

 語源は、「語」という漢字と、「源」という漢字から出来ています。これと同じように、英語も、多くの場合いくつかの部分に分解することができます。例えば、「紹介する」という意味の英語は「introduce」といいます。introduceは「intro」と「duce」という部分に分けることができます。この時、この「introduce」という英単語の意味の基本となる部分を、語根と言います。「introduce」の例では、「duce」が「語根」となります。そして、この語根の前について、意味を補っている部分「intro」を接頭辞といいます。語根の後ろについて、語根の意味を補う部分を、接尾辞と言います。例えば、「introduce」を名詞形に直すと、「introduction」となりますが、この「tion」が接尾辞です。