語源の探求6

その他いろいろ

≪このページはただ今、作成中です≫

 大学受験や資格試験などをあまり念頭に入れていないページです。興味本位に書いています。アルファベット順ではなく、思いつくままに並べています。



*** 医学関係の用語 ***

●体の部位(body parts)の名前
 医学系の単語を覚えるためには、まず人間の体の部位の名前をチェックするのが大切ですので、頭のてっぺんから足のつま先まで覚えてしまいましょう。


≪体の全体≫
 まずは見た目でやさしいところから行きます。
 
 hair=「毛」。eye=「目」。外来形容詞としては、optic(al)、ocular、ophthalmicなど。nose=「鼻」。関連形容詞としては、nasal、rhinalなど。mouth=「口」。関連形容詞としては、oral、oscularなど。neck=「首」。外来形容詞としては、cervical。arm=「腕」(肩から手首まで)。外来形容詞としては、brachial。shoulder=「肩」。armpit=「わきの下」。biceps=「bi」(2)+「ceps」=「(上腕)二頭筋」。triceps=「tri」(3)+「ceps」=「三頭筋」。elbow=「le」+「bow」(弓)->(腕が弓状になったところ)->「肘」。forearm=「fore」(前方の)+「arm」=「前腕」。leg=「脚」(太ももの付け根から足先、または足首まで)(米ではひざから足首までの意味で使われることも多い)。外来形容詞はcrural。thigh=「もも」。外来形容詞はfemoral。knee=「ひざ頭」。lap=「ひざ」(※座った姿勢で子供・手・ナプキンを置く部位)。例)laptop computer。sit on his lap。shin=「むこうずね」。calf=「ふくらはぎ」。

 ※「2」はbi-、bin-、bis-(cやsの前で)例)biplane=「複葉機」、bigamy=「重婚(罪)」。biannual=「bi」(2)+「annual」(毎年の)=「年2回の」。半分のという意味では、demi-、hemi-、semi-などがあります。例)hemisphere=「hemi」(半分)+「sphere」(球体)=「半球」。demigod=「demi」+「god」=神格化された人。demi-veg=「半ベジタリアン」(鶏肉と魚肉だけは食べる)


≪頭部≫
 頭部の外観です。

 forehead=「fore」(前の)+「head」=「額」。temple=「temp」(時)+「le」=「こめかみ」(※昔はこめかみで脈をとったようです?)。eyebrow=「eye」+「brow」=「まゆ毛」。eyelash=「eye」+「lash」=「まつ毛」。nostril=「鼻孔」。lip=「唇」。teeth=toothの複数形=「歯」。外来形容詞としては、dental、dentureなど。ear=「耳」。外来形容詞としては、aural、auditive、audileなど。cheek=「ほお」。外来形容詞はbuccal。jaw=「あご」。外来形容詞はgenial。chin=「下あご」「あご先」。throat=「のど」(larynx=喉頭、pharynx=咽頭を含む)。


≪手≫
 palm=「手のひら」。back of hand=「手の甲」。thumb=「手の親指」(専門用語pollex)関連形容詞はpollical。index finger=「人差し指」。middle finger=「中指」。ring finger=「薬指」。little finger=「小指」。fingernail=「指の爪」。fingerprint=「指紋」。


≪足≫
 ankle=「足首」(※曲がったものが原義->angle、anchor)。heel=「かかと」。instep=「足の甲」。sole=「足の裏」。big toe=「足の親指」。toes=「足の指」。toenail=「足指の爪」。



●内蔵(internal organs)
 内臓はどうなっているのか見てみましょう。

 brain=「脳」。医学用語としては、encephalon、外来形容詞としては、cerebral。spinal cord=「spine」(とげ、骨の突起)+「al」+「cord」(糸)->(背骨の糸)->「脊髄」。oesophagus=「(o)esophag」(食道)+「us」=「食道」(gullet)。larynx=「喉頭」。pharynx=「咽頭」。trachea=「気管」。lung=「肺」。bronchial tube=「気管支」(気管支の単数形はbronchium、複数形はbronchia)。heart=「心臓」。外来形容詞はcardiac。stomach=「胃」。外来形容詞はgastric。liver=「肝臓」。外来形容詞はhepatic。kidney=「kidn」(子供と鞘の2説あり)+「ey」(卵)=「小さな卵、あるいは鞘型をした卵」。外来形容詞はrenal。duodenum=「duodeno」(十二指腸の)+「um」=「十二指腸」。small intestine=small+「in」+「testine」(体内の)=「小腸」。colon=「結腸」。rectum=「rect」(rectal->直腸の)+「um」=「直腸」。appendix=「ap」(~に)+「pend」(ぶら下がる)+「ix」(女性名詞語尾)=「虫垂」。intestine=「大腸」。bladder=「膀胱」。外来形容詞は、vesical。anus=「肛門」。


※lung=肺はlightと同根の言葉だという説があります。軽い臓器だからということでしょうか?
※bladder(膀胱)は「吹いて膨らませる」が原義です。昔は吹いて膨らませて、医療器具などとして使っていたのでしょうか。



●血液(blood)
 blood=「血」。bood vessel=「血管」。artery=「動脈」。vein=「静脈」。red blood cell=erythrocyte=「erythro」(赤)+「cyte」(->hollow vessel->細胞)=「赤血球」。white blood cell=leukocyte=「leuko」(白)+「cyte」(細胞)=「白血球」。thrombocyte=「thrombo」(血液の固まった)+「cyte」=「血小板」。hemoglobin=「hemo」(血)+「globin」(球状タンパク質)=「ヘモグロビン」。blood sugar=「血糖」。blood plasma=「血漿」。



●血液循環(circulation)
 heart=「心臓」。外来形容詞はcardiac。main artery=「大動脈」。head and arm=「頭と腕」。liver=「肝臓」。intestine=「腸」。kidney=「腎臓」。leg=「脚」。main vine=「大静脈」。pulmonary artery=「肺動脈」。lung=「肺」。pulmonary vein=「肺静脈」。



●心臓(heart)
 pulmonary vein=「肺静脈」。 atrium=「心房」。left atrium=「左心房」。bicuspid valve(mitral valve)=「二尖弁」(左心室から、左心房への逆流を防ぐ)。left ventricle=「左心室」。aortal valve=「大動脈弁」。aorta=「大動脈」。anterior vena cava=「頭部と体の上部から戻ってくる静脈」。posterior vena cava=「胸から下の部分から戻ってくる静脈」。right atrium=「右心房」。tricuspid valve=「三尖弁」(右心室から右心房への逆流を防ぐ)。right ventricle=「右心室」。semilunar valves->(半月状の弁)->「半月弁」(肺動脈弁)。pulmonary artery=「肺動脈」。

 心臓は全身に血液を送り出すためのポンプの役割をしています。心臓は右心房(right atrium)、右心室(right ventricle)、左心房(left atrium)、左心室(left ventricle)の4つの部屋に分かれています。心臓の右側と左側は壁(dividing wall)で仕切られています。右心房と左心房を隔てているのは、心房中隔(interatrial septum)で、右心室と左心室を隔てているのが心室中隔(interventricular septum)です。心房と心室の間、左心室と大動脈の間、右心室と肺動脈の間にはそれぞれ逆流を防ぐために弁(valve)があります。肺で新鮮な酸素を取り入れた血液は肺静脈を通って、心臓の左心房に入り、左心室を経由して、大動脈から全身に送られます。全身の組織は血液中の酸素を取り込み、二酸化炭素を血液中に吐き出します。全身から老廃物を取り込んだ静脈は頭や体の上部を経由した静脈と、下半身を経由してきた静脈の2つに分かれて、心臓の右心房に戻り、右心室から肺動脈を経由して、肺にまで到達し、ここで新鮮な酸素を取り込んで、肺静脈から左心房に戻ってきます。



●肺(lung)
 larynx=「喉頭」。trachea=「気管」。bronchus=「気管支」。bronchiole=「細気管支」(※末端が肺胞へ)。air sacs=「空気のう」。alveolus=「肺胞」。diaphragm=「隔膜」。rib=「肋骨」。

 人間の呼吸の仕組み(respiratory system)はどうなっているのか考えてみましょう。まず初めに空気は鼻(nose)の2つの鼻孔(nostril)から、鼻腔(nasal cavity)に取り込まれます。同時に口(mouth)からも、取り込まれます。取り込まれた空気はのど(咽頭)(pharynx)を通って、発声器官(voice box)(喉頭=larynx)に至ります。喉頭(larynx)は気管(trachea)へとつながります。ここには声門(glottis)があります。声門は狭いスリット状の門です。声帯(vocal cord)もここにあります。気管は2本に分かれ気管支(bronchi)となります。1つは右側の肺(lung)に、もう一方は左側の肺につながっています。気管支は肺の中で、20位の細気管支(bronchiole)に分かれます。細気管支の直径(diameter)は気管支と比較すると大分小さくなっています。細気管支は最後に空気のう(air sacs)につながります。sir sacsは小さな肺胞(alveolus)によって形作られ、この肺胞で血液への酸素の取り込みが行われています。



●消化器官(digestive system)
 mouth=「口」。tooth=「歯」(※複数はteeth)。salivary(唾液の)+ glands(腺)=「唾液腺」。pharynx=「咽頭」。oesophagus=「(o)eso」(食べ物)+「pha」(運ぶ)+「gus」=「食道」。stomach=stoma(もともとは口<-mouth)+ch=「胃」。liver=「肝臓」。pancreas=「膵臓」。pancreatic duct=「膵管」。gall bladder(袋)=「胆のう」。bile duct=「胆管」。small intestine(duodenum、ileum)。duodenum=「duoden」(*duo=2、duodeni=12)+「um」=「十二指腸」。ileum=「回腸」。large intestine(caecum、colon、rectum)。c(a)ecum=「盲腸」。colon=「結腸」。rectum=「直腸」。anus=「肛門」。appendix=「虫垂」。



●消化作用(digestive process)
 食べ物(food)は口の中で(in the mouth)、よく咀嚼され(be chewed)、唾液(saliva)とよく混ぜられて(be mixed)、飲み込む(swallow)ことができる状態になります。食べ物と唾液を混ぜたものは、飲み込まれて食道(oesohpagus)を通って、胃(stomach)に到達します。食べ物は小腸(small intestine)の上部のいわゆる十二指腸(duodenum)に一時止まり、そこで、胆のう(gall bladder)から下ってきた、胆汁(bile)が加えられます。胆汁によって油脂(fats)が分解されます。更に、すい臓(pancreas)から出される膵液(pancreas juice)には、消化酵素(enzyme)が含まれていて、他のタイプの食べ物の消化を助けます。食べ物の消化(digestion)と吸収(absorption)は、小腸下部の回腸(ileum)までで完了しますが、これでもまだ分解できないものもありますので、それらは大腸(large intestine)の上部の結腸(colon)に留まり、ここで塩分(salt)と水分(water)が吸収され(be absorbed)ます。分解され残ったものは、便(faeces)の形で大腸下部の直腸(rectum)に留まった後、肛門(anus)を通って排便されます。



●脳(brain)
 skull=「頭蓋骨」。brain=「脳」。(ラテン語)encephalon、(接頭辞)cerebro-、encephalo-など。cerebral=「脳の」。cerebrum=「大脳」。cerebellum=「小脳」。brain stem=「脳幹」(中脳、橋、延髄などから構成)。mesencephalon=「mesen」(中間の)+「cephalon」(脳)=「中脳」。medulla oblongata=medulla(髄質)+「ob」(~に対して)+「long」(いくぶん長めの)+「ata」=「延髄」。betweenbrain=deutencephalon=「deuten」(第二の)+「cephalon」=「間脳」(視床、視床下部)。optic thalamus=「視床」。hypothalamus=「視床下部」。pituitary gland=hypophysis=「hypo」(下方)+「physis」(生理学の)=「(脳)下垂体」。corpus pineale=corpus(体)+「pine」(松)+「ale」=「松果体」。hippocampus=「hippo」(馬の)+「campus」=「海馬」。spinal marrow=「spinal」(spine->棘、骨の突起)+「marrow」(髄)=「脊髄」。

 cerebral hemisphere=「cerebral」(脳の)+「hemi」(半分の)+「sphere」(球)=「大脳半球」(=grey matter、white matter、hypothalamus)。grey matter=「灰白色」。white matter=「白質」。hypothalamus=「hypo」(下の)+「thalamus」(視床)=「視床下部」->subthalamic region=hypothalamic ares。


 cerebral cortex=「大脳皮質」。frontal cortex=frontal lobe=「前頭葉」。temporal lobe=「側頭葉」。parietal lobe=「頭頂葉」。occipital lobe=「後頭葉」。

 membranous coverings=meninx(複=meninges)=「髄膜」(硬膜、くも膜、軟膜)。dura mater=「硬膜」。arachnoid mater=arachnoid membrane=「くも膜」。leptomeninx=「軟膜」。



●神経(nerve)
 nerve=「神経」。nervous=「nerv」(神経)+「ous」(~の特徴を持つ)=「神経の」。nerve cell=neuron=「neuro」(神経)+「n」=「神経細胞」。spine=(棘)->(背骨の突起)->「脊柱」。spinal cord=「spin」+「al」+cord=「脊髄の」「脊髄」。spinal marrow=「脊髄」。nerve cell=neurocyte=「neuro」+「cyte」(細胞)=「神経細胞」。synapse=「syn」(一緒に)+「apse」(しっかりつなぐ)=シナプス。neuraxis=「neur(o)」(神経)+「axis」(軸)=「中枢神経軸」。neuraxon=「neur(o)」+「axon」(軸索突起)=軸索。electrical signal=電気信号。synaptic vesicle(小嚢)=シナプス小胞。neurotransmitter=「neuro」+「transmitter」=神経伝達物質。receptor=受容体。dendrite=「dendr(o)」(樹木のような)+「ite」=「樹状突起」。central nerve=「中枢神経」。peripheral nerve=「peri」(囲む)+「pheral」(行く)+nerve=「末梢神経」。autonomic nerve=「auto」(自身の)+「nomic」+nerve=「自治の」+nerve=「自律神経」。sympathetic nerve=「sym」(->syn=同じ)+「pathetic」(感情の) nerve=「交感神経」。parasympathetic nerve=「para」(副)+「sympathetic」+nerve=「副交感神経」。motor nerve=「運動神経」。sensory nerve=「知覚神経」。trigeminal nerve=「三叉神経」。sciatic nerve=「坐骨神経」。



●目(eye)
 eye=「目」。eyelash=「eye」+「lash」(まつ毛)=「まつ毛」。eyelid=「eye」+「lid」(蓋)=「まぶた」。socket=「眼窩」。tear gland=「涙腺」。eyeball=「eye」+「ball」=「眼球」。pupil=「pup」(少年)+「il」(指小辞)=「ひとみ」。iris=「虹彩」。lens=「レンズ」。retina=「網膜」。yellow spot=「黄斑」。blind spot=「盲点」。optic nerve=「視神経」。vitreous humour=「硝子体液」。choroid=「コロイド」。sclera=「強膜」。cornea=「角膜」。ciliary muscle=「ciliary」(まつ毛の)+muscle=「毛様筋」。eye mustle=「眼筋」。suspensory ligament=「suspens」+「ory」+「ligament」(じん帯)=「堤靭帯」。aqueous humour=「房水」。conjunctiva=「結膜」。

※相手の瞳に映る自分の姿が少年のように小さいことから「瞳」を「pupil」というようになったようです。



●皮膚(skin)
 dermis=「皮膚」。epidermis=「epi」(上の)+「dermis」=「表皮」。hair=「毛」。touch receptor=「触角の受容体」。erector mustle=「起立筋」。hair follicle=「毛嚢」。hot/cold receptor=「温/冷受容体」。capillary=「毛細血管」。pain/pressure receptor=「痛み/圧力受容体」。sebaceous gland=「脂肪腺」。sweat gland=「汗腺」。sweat duct=「汗管」。sweat pore=「汗孔」。



●医者と補助者、医療従事者
 doctor=。medical doctor=。internal medicine=「内科」。physician=「内科医」。gurgery=「外科」。surgeon=「外科医」。medical practitioner=「開業医」。family doctor=「家庭医」。medical specialist=「専門医」。brain surgeon=「脳外科医」。pediatrician=「ped」(->pais=child)+「iatri」(->iatros=physician)=「小児科医」。gastroenterologist=「gastro」(胃の)+「entero」(腸の)+「logist」=「胃腸科医」。cardiologist=「cardio」(心臓の)+「logist」=「心臓医」。urologist=「uro」(uri=尿)+「logist」=「泌尿器科医」。proctologist=「procto」(肛門、直腸)+「logist」=「肛門科医」。obstetrician=「産科医」。gynecologist=「gyneco」(女性の<-gyne=女性)+「logist」=「婦人科医」。dermatologist=「dermato」(皮膚の)+「logist」=「皮膚科医」。orthopedic surgeon=「ortho」(まっすぐな、正しい)+「pedic」(子供を育てる)+surgeon->(子供を正しく育てる)->「整形外科医」(※本来は子供のための整形外科だったようです)。cosmetic surgeon=「cosme」(->秩序、調和)+「tic」+surgeon->(顔に調和をもたらす)+surgeon->「美容整形外科医」。psychiatris=「psych」(精神)+「iatris」=「精神科医」(->mental health doctor)。neurologist=「neuro」(神経の)+「logist」=「神経科医」。radiologist=「radio」(放射性の)+「logist」=「放射線科医」。anesthesiologist=「an」(否定)+「esthesia」(知覚)+「logist」->「麻酔科医」。pathologist=「patho」(疾病)+「logist」=「病理医」。ophthalmologist=「ophthalmo」(目)+「logist」=「眼科医」。otolaryngologist=「oto」(耳の)+「laryngo」(喉頭の)+「logist」=「耳鼻咽喉科医」(ear-nose-throat doctor)。otorhionlaryngologist=「oto」(耳の)+「rhino」(鼻の)+「laryngo」(喉頭の)+「logist」=「耳鼻咽喉科医」(ear-nose-throat doctor)。dentist=「denti」(歯の)+「st」=「歯科医師」。medical examiner=「検視官」(coroner、※検死->autopsy)。veterinarian=「veterina」(牛)+「rian」=「獣医」。

 paramedic=「para」(副次的)+「medical」=「準医療活動従事者」。nurse->(養う)->(栄養のある)->(乳母)->「看護師」。chief nurse=「看護師長」。registered nurse=「正看護師」。licensed nurse=「准看護師」。dental nurse=「歯科助手」。public health nurse=「保健師」。midwife=「mid」(中間の)+「wife」=「助産婦」。pharmacist=「pharmac」(薬)+「ist」=「薬剤師」。psychologist=「psycho」+「logist」=「心理学者」。counsellor=「coun」(共に)+「sel」(集める、招集する)+「or」=「相談する」+「or」=「カウンセラー」。caregiver=「医療関係者」。

 osteopath=「osteo」(骨)+「path」(<-pathy=療法)=「整骨医」(osteopathyからの派生語)。acupuncturist=「acu」(針)+「punctur」(刺す)+「ist」=「はり師」。moxacauterist=「moxa」(もぐさ)+「cauter」(cautery=焼灼療法)+「ist」=「灸師」。judo-physiotherapist=「judo」(柔道)+「physio」(生理学の)+「therapist」(治療専門家)=「柔道整復師」。




hemoは「血」
 母音の前では「hem」となります。「ヘモ」と言えば、皆さんがすぐに思い浮かべるのは「ヘモグロビン」ではないでしょうか?英語ではhemoglobinです。赤血球中の鉄分を含有する色素のことですね。生化学的には「ヘム」と「グロビン」が結びついてヘモグロビンとなります。ヘムはヘモグロビンの色素部分に相当する物質です(ポリフィリン化合物と鉄イオンからなる錯化合物)。グロビンはヘムと結合してヘモグロビンを構成する球状たんぱく質です。

 hemorrhage=「hemo」(血)+「rrhage」(<-rrhea=流れる)=「大出血」。cerebral(cerebr=脳) hemorrhage=「脳溢血」。subarachnoid hemorrhage=「sub」(下)+「arachnoid」(クモ膜状の)+hemorrhage=「くも膜下出血」。hematuria=「hemat」(血)+「uria」(尿)=「血尿」。hemorrhoid=「hemo」+「rrhoid」=「痔」。hemophilia=「hemo」+「philia」(愛する)=「血友病」。hemostatic=「hemo」+「static」=「止血剤」。

 脳卒中(cerebral apoplexy)は、脳梗塞(cerebral infarction)と脳溢血(cerebral hemorrhage)、クモ膜下出血(subarachnoid hemorrhage)をひっくるめた言葉です。さらに、脳梗塞には、脳血栓(cerebral thrombosis)と脳塞栓(cerebral embolism)があります。脳塞栓は心臓にできた血の塊が脳まで運ばれて、脳の血管を詰まらせる病気で、脳血栓は脳の血管の動脈硬化による病気です。脳動脈硬化の原因としては、高血圧、高コレステロール、糖尿病、喫煙などが考えられます。



rrheaは「流出する」
 -rrhagia、-rrhagy、-rrhea、-rrhoeaは(病理)関係の言葉で、「流出」「放出」「排出」などを意味します。

 menorrhagia=「meno」(月経)+「rrhagia」=「月経過多」。diarrhea=「diar」(横切って)+「rrhea」->(腸内を貫流する)->「下痢」。pyorrhea=「pyo」(膿)+「rrhea」=「歯槽膿漏」(※膿がどどーっと出るという意味なんですね?皆さん気を付けましょう!)。

(注意) -rhine、-rrhine、-rhinoは鼻に関係しています。例)allergic rhinitis=allergic 「rhin」+「itis」(~炎)=「アレルギー性鼻炎」

※-rrhine、rhineは「鼻の」の意味になります。例)otorhinolaryngologist=「oto」(耳の)+rhino」(鼻の)+「laryngo」(喉頭の)+「logist」=「耳鼻咽喉科医」。allergic rhinitis=allergic+「rhin(o)」(鼻の)++「itis」=「アレルギー性鼻炎」。



urinは「尿」
 urine=「尿」。bloody urine=「血尿」。urine poisoning=「尿毒症」。urine test=「尿検査」。urinal=「男子用の小便器」。urinary=「尿の」。urinary tract=「尿道」。urinary calculus=「尿結石」。urinate=「放尿する」。urination=「排尿」。urethritis=「urethr(a)」(尿道)+「itis」(~炎)=「尿道炎」。glycosuria=「glycos」(糖)+「uria」=「糖尿」。albuminuria=「albumin」+「uria」=「蛋白尿」。

 calculusは石です。renal calculus=「腎臓結石」(kidney stone)。biliary calculus=biliary(bile=胆汁)+「calculus」(石)=「胆石」。urinary calculus=「尿路結石」。calculusは計算にも関係しています(計算法、積分学)。これは、昔は石を使って計算をしていたことに起因しているようです。



itisは「~炎」
 病気にはいろいろありますが、「~炎」といって、どこかが炎症を起こしている病気があります。この「~炎」は-itisという接尾辞が付きます。代表的なものを上げてみます。
 
 arthritis=「arthr(o)」(関節の※母音の前ではarthr)+「itis」(~炎)=「関節炎」。osteoarthritis=「esteo」(骨の)+「arth」(関節)+「itis」(~炎)=「骨関節炎」。coxitis=「cox」(股関節)+「itis」=「股関節炎」。rheumatoid arthritis=「rheumat」(粘膜分泌物)+「oid」(~のようなもの、~性の)+「arthritis」=「リューマチ性関節炎」。

※リューマチは体内を流れる液状分泌物の流れがうまくいっていないことが原因で起こると考えられていたようです。

 gingivitis=「gingiv(o)」(歯肉の)+「itis」=「歯肉炎」。periodontitis=「peri」(周囲の)+「odont(o)」(歯の)+「itis」=「歯周炎」。esophagitis=「esophag(o)」(食道)+「itis」=「食道炎」。reflux esophagitis=「re」(逆)+「flux」(流れ)+「itis」+esophagitis=「逆流性食道炎」。gastritis=「gastro」(胃の)+「itis」=「胃炎」。gastroenteritis=「gastro」(胃の)+「enter(o)」(腸の)+「itis」=「胃腸炎」。 hepatitis=「hepat」(肝臓)+「itis」(~炎)=「肝炎」。infectious hepatitis=「infect」(感染)+「ious」(~の特徴を持った)+hepatitis=「伝染性肝炎」。hepatitis A=「A型肝炎」。pancreatitis=「pancrea(s)」(すい臓)+「titis」=「膵臓炎」。nephritis=「nephr(o)」(腎臓)+「itis」=「腎炎」。cholecystitis=「chole」(胆汁)+「cyst」(嚢=ふくろ)+「itis」=「胆のう炎」。duodenitis=「duoden」(十二)+「itis」=「十二指腸炎」。enteritis=「enter(o)」(腸の)+「itis」=「腸炎」。cecitis=「盲腸炎」。appendicitis=「appendix」(虫垂)+「itis」=「虫垂炎(盲腸炎)」。colonitis=「colon」+「itis」=「結腸炎」。proctitis=「proct(o)」(肛門)+「itis」=「直腸炎」。

 rhinitis=「rhin(o)」+「itis」=「鼻炎」。rhinopharyngitis=「rhino」(鼻の)+「pharyng」(咽頭の)+「itis」(~炎)=「鼻咽喉炎」。 pharyngitis=「pharyng」+「itis」=「咽頭炎」。tracheitis=「trache(o)」(気管)+「itis」=「気管炎」。bronchitis=「bronch(o)」(気管支)+「itis」=「気管支炎」。pneumonitis=「pneumo」(肺)+「itis」=「肺炎」。

 cerebrospinal meningitis=「cerebro」(脳)+「spinal」(脊髄の)+「mening(o)」(髄膜)+「itis」=「脳髄膜炎」。encephalitis=「encephal(o)」(脳)+「itis」=「脳炎」。Japanese encephalitis=「日本脳炎」。encephalomyelitis=「encephal(o)」(脳)+「myel(o)」(脊髄)+「itis」=「脳脊髄炎」。meningoencephalitis=「mening(o)」(髄膜)+「encephal(o)」(脳)+「itis」=「髄膜脳炎」。

 conjunctivitis=「conjunctiva」(結膜)+「itis」==「結膜炎」。iritis=「iri(s)」(虹彩)+「itis」=「虹彩炎症」。corneitis=「corne(a)」(角膜)+「itis」=「角膜炎」。retinitis=「retin(o)」(網膜)+「itis」=「網膜炎」。

 otitis=「oto」(耳)+「itis」=「耳炎」。media otitis=「media」(中間の)+otitis=「中耳炎」。labyrinthitis=「labyrinth」(迷宮、内耳※内耳は迷宮のように複雑?)+「itis」=「内耳炎」。

 thyroiditis=「thyroid」(甲状腺)+「itis」=「甲状腺炎」。tonsillitis=「tonsil」(扁桃腺)+「itis」=「扁桃腺炎」。 parotitis=「parot」(耳下腺の)+「itis」=「耳下腺炎」(mumps)。epidemic parotitis=「epi」(~の上に)+「demic」(人々)+parotitis=「流行性耳下腺炎」(※mumps=「おたふくかぜ」の別称)。prostatitis=「prostat(o)」(前立腺)+「itis」=「前立腺炎」。

 carditis=「card(io)」(心臓)+「itis」=「心臓炎」。endocarditis=「endo」(内側の)+「card(io)」+「itis」=「心内膜炎」。thrombophlebitis=「thrombo」(血液凝固の)+「phlebo」(静脈)+「itis」=「血栓静脈炎」。 lymphadenitis=「lympho」(リンパ)+「aden(o)」(腺)+「itis」=「リンパ節炎」。lymphangitis=「lympho」+「ang」(管)+「itis」=「リンパ管炎」。

 meningitis=「mening(o)」(髄膜)+「itis」=「髄膜炎」。myelitis=「myelo」(脊髄)+「itis」=「脊髄炎」。 osteomyelitis=「osteo」(骨の)+「myel(o)」(脊髄)=「骨隨炎」。periostitis=「peri」(周囲)+「ost(eo)」(骨の)+「itis」=「骨膜炎」。epidemic meningitis=「流行性髄膜炎」。spinal meningitis=「脊髄膜炎」。poliomyelitis=「polio」+「myele」+「itis」=「脊髄性小児麻痺」。

 cystitis=「cyst」(のう胞)+「itis」=「膀胱炎」。urethritis=「urethr(o)」(尿道)+「itis」=「尿道炎」。dermatitis=「derma」(皮膚)+「itis」=「皮膚炎」。endometritis=「endo」(内側の)+「metr(o)」(子宮)+「itis」=「子宮内膜炎」。mastitis=「mast(o)」(乳房)+「itis」=「乳腺炎、乳房炎」。peritonitis=「periton(eo)」(腹膜)+「itis」=「腹膜炎」。tendinitis=「tendon」(腱)+「itis」=「腱炎」。

 
体だけでなく、次のような使い方もあります。conglomeritis=「(企業の)コングロマリット病」、Mondayitis=「月曜病」。



●癌(cancer)
 cancer=「癌」。early cancer=「早期癌」。terminal cancer=「末期癌」。pharyngeal cancer=「pharyng(o)」(咽喉)+「eal」+cancer=「咽頭癌」。laryngeal cancer=「laryng(o)」(喉頭)+「eal」+cancer=「喉頭癌」。thyroid cancer=「甲状腺癌」。lymphoma=「lymph」(リンパ)+「oma」(腫瘍)=「リンパ腫」。breast cancer=「乳癌」。lung cancer=「肺癌」。esophageal cancer=「esophag(o)」(食道)+「eal」+cancer=「食道癌」。stomach cancer=gastric cancer=「胃癌」。liver cancer=「肝臓癌」。pancreatic cancer=「pancreat(o)」(すい臓)+「ic」+cancer=「すい臓癌」。renal cancer=「腎臓癌」。bladder cancer=「膀胱癌」。large intestine cancer=「大腸癌」。colon cancer=「結腸癌」。rectum cancer=「直腸癌」。prostatic cancer=「前立腺癌」。uterine cancer=「子宮癌」。ovarian cancer=「卵巣癌」。leukemia=「leuk(o)」(白)+「em」(血)+「ia」(病名を表す接尾語)=「白血病」。skin cancer=「皮膚癌」。bone cancer=「骨癌」。osteosarcoma=「osteo」(骨)+「sarc(o)」(肉)+「oma」(腫瘍)=「骨肉腫」。cancer cell=「癌細胞」。



cyteは「細胞」
 lymphocyte=「lymph(o)」+「cyte」(cell)=「リンパ球」。erythrocyte=「erythr(o)」(赤)+「cyte」=「赤血球」。leukocyte=「leuko」(白)+「cyte」=「白血球」。thrombocyte=「thrombo」(血液の凝固)+「cyte」=「血小板」。



emは「血」
 anemia=「an」(無い)+「em」(血)+「ia」(病気を表す接尾語)=「貧血症」。leukemia=「leuk(o)」(白)+「em」(血)+「ia」=「白血病」。uremia=「ur(o)」(尿)+「em」(血)+「ia」=「尿毒症」

※尿毒症(uremia)は腎臓の病気に伴い尿の中に排出されるべき物質が血液の中に蓄積される病気です。



psychoは「精神」
 psychic=「psych(o)」+「ic」=「精神の」「心霊力に敏感な人」「超能力者」。psychologist=「psycho」(精神)+「logist」=「心理学者」。psychiatrist=「psycho」(精神)+「iatrist」=「精神科医」。psychoanalysis=「psycho」+「analysis」=「精神分析」。psychosurgery=「psycho」+「surgery」=「精神外科」。psychosomatic disease=「psycho」(精神)+「somatic」(身体の)+disease=「心身症」。psychokinesis=「psycho」+「kinesis」(運動)=「念力」。


hyper(過度)とhypo(過小)
 hypertension=「hyper」(過度の)+「tension」=「高血圧」「過緊張」。hyperacid=「hyper」+「acid」=「胃酸過多」。hyperactivity=「hyper」+「activity」=「過剰行動」。hypercholesterolemia=「高コレステロール症」。hyperopia=「hyper」+「opia」=「遠視」hypermetropia=「hyper」+「metr」(計測)+「opia」=「遠視」。prostatic hypertrophy=「前立腺肥大症」。hypotension=「hypo」(過小)+「tension」=「低血圧」。hypodermic syringe=「hypo」(下の)+「dermic」(皮膚の)+syringe=「注射器」。



osteoは「骨」
 osteopath=「osteo」(骨)+「path」=「整骨医」。osteopathy=「整骨療法」。osteoporosis=「osteo」+「poros(e)」(多孔性の)+「is」=「骨粗鬆症」。osteoarthitis=「osteo」(骨の)+「arthr」(関節の)+「itis」(~炎)=「骨関節炎」。osteocyte=「osteo」(骨の)+「cyte」(細胞)=「骨細胞」。osteosarcoma=「osteo」(骨)+「sarc(o)」(肉)+「oma」(腫瘍)=「骨肉腫」。



arthriは「関節」
 arthralgia=「関節痛」。arthritis=「arthr」(関節)+「itis」=関節炎。arthropathy=「arthro」(関節)+「pathy」(疾患)=「関節症」。



pneumoは「肺」
 pneumoは「肺、呼吸、空気、気体」などを意味します。pneumoは母音の前では、pneumとなります。

 pneuma=「(哲学)人間に魂、精神、創造力」。pneumoconiosis=「pneumo」+「conio」(->空気中の塵)+「sis」=「塵肺症」。pneumonitis=「pneumo(n)」+「itis」(~炎)=「肺炎」。pneumectomy=「肺切除(術)」(=pneumonectomy)。

 pneumato(母音の前ではpneumat)も「空気、気体、魂、精神」などを意味します。
 pneumatic=「空気の」。pneumatics=「空気力学」。pneumatic tire=「空気タイヤ」。pneumatophore=「通気根※マングローブのような沼地植物の呼吸する根」。pneumatology=「精霊論※精霊や霊的存在に関する学説」。pneumatometer=「肺活量計」。

 -pneaも「呼吸」を意味します。
 apnea=「a」+「pnea」=「無呼吸※一時的な呼吸停止」「仮死」。dyspnea=「呼吸困難、呼吸休止」。eupnea=「正常呼吸」。hyperpnea=「(運動後などの)過呼吸」。hypopnea=「呼吸低下」。sleep apnea=「睡眠時無呼吸症」。polypnea=「頻呼吸、喘ぎ」。tachypnea=「呼吸促拍」。

 肺には[pneumo」以外に「pulmo」や「lung」という言い方もあります。pulmonary=「pulmo」+「nary」=「肺の」。pulmonary asbestosis=「アスベスト肺」。pulmonary tuberculosis=「肺結核」。pulmonate=「肺組織を持った」。pulmonic=「肺病病み」。pulmonic airstream=「肺気流」。



omaは「~腫」
 lymphoma=「lymph」+「oma」=「リンパ腫」。osteosarcoma=「osteo」(骨)+「sarc(o)」(肉)+「oma」(腫瘍)=「骨肉腫」。



periは「周囲」
 peritonitis=「periton」(腹膜)+「itis」=「腹膜炎」。periodontitis=「peri」(周囲)+「odont」(歯の)+「itis」=「歯周病」。orthodontic treatment=「orth」(正しい)+「odont」(歯の)+「ic」+treatment=「矯正治療」。

 医学とは関係ありませんが、periscope=「peri」(周囲を)+「scope」(見る)=「潜望鏡」があります。scopeは「見る」で、次のようなものがあります。microscope=「micro」+「scope」=「顕微鏡」。laryngoscope=「laryngo」(喉頭の)+「scope」=「喉頭鏡」。stethoscope=「stetho」(胸)+「scope」=「聴診器」。endscope=「endo」(内側の)+「scope」=「内視鏡」。



phobiaは「~嫌い」
 claustrophobia=「claustro」+「phobia」=「閉所恐怖症」。acrophobia=「acro」(先端の)+「phobia」=「高所恐怖症」。anthropophobia=「anthropo」(人間)+「phobia」=「人間嫌い」「対人恐怖症」。xenophobia=「xeno」(異人)+「phobia」=「外国人嫌い」。



therapyは「~療法」
 chemotherapy=「chemo」+「therapy」=「化学療法」。radiotherapy=「放射線療法」。hormonal therapy=「ホルモン療法」。gene therapy=「遺伝子療法」。

※スペリングをchemotherap[h]yと間違わないようにしてください。正しくはchemothrapyです。



















参考資料

ジーニアス英和大辞典 小西 友七、南出 康世 大修館書店
英単語記憶術  岩田 一男 光文社
英単語の力のつけ方 小川芳男 前田健三 有精堂
語源とイラストで一気に覚える英単語 清水健三 アスカ
語源耳 ホリム・ハン&松澤喜好 アスキー
連鎖式英単語事典 ホリム・ハン 三修社
英語語義語源辞典 小島義郎他 三省堂
ハンディ語源英和辞典 小川芳男編 有精堂
英語語義イメージ辞典 政村秀實 大修館書店
新ボキャビル特訓本(The English Journal 別冊) アルク

OXFORD Collocations Dictionary
LONGMAN Collocations Dictionary and Thesaurus
LONGMAN Essential Activator
英語コロケーション辞典 塚本倫久 小学館
Cassell's Latin Dictionary MACMILLAN

Eijiro Ⅳ



更新履歴
2017//          作成











 ページの先頭